プロフィール
shizu
shizu
和歌山・紀の川市在住の歌手。NHK-BS「勝ち抜き歌謡選手権」チャンピオンなど多くのカラオケ全国大会での受賞を経て、2010年に「あんたの済州島へ」「紀の川のほとりで」CDデビュー。2012年・夏、第2弾「黒江からころ為の女」「初恋のほたる灯」 を発売!2013年11月、東京で初ライブ!2014年2月「門前町は恋の町」「竹房哀歌」をMEGCDで全国発売!シングル第4弾「我が名は青洲」「静の黒潮節」「和歌山ラーメンの歌」2014年9月に全国発売!2014年11月8日、Mah!和歌山県立図書館で”ふるさと癒やし歌スペシャルコンサート(ライブ写真多数公開中!)”を開催、オリジナル全15曲を生演奏を交え披露。2015年4月、「天野の恋塚」「紀の国坂」「有田川」全国発売! 2015年6月、「我が名は青洲」(新録バージョン)で、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。2017年4月、CDデビュー7周年作「田辺コーライお笠祭り」「男節」「虎伏城のはやぶさ」全国発売!さらなる飛躍にチャレンジしています。聴いてください!応援してください!いつも笑顔でお待ちしてます。最新スケジュール

新曲ik_20 「田辺コーライお笠祭り」
新曲ik_20 「男節」
新曲ik_20 「虎伏城のはやぶさ」
動画ik_20 「我が名は青洲」
動画ik_20 「天野の恋塚」
動画ik_20 「和歌山ラーメンの歌」
動画ik_20 「門前町は恋の町」
動画ik_20 「静の黒潮節」
.
-----

CDの<通信販売>こちら



  ik_06 歌詞&視聴はこちら
ik_06
宮本静へメッセージ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 24人
    ik_06 イベントスケジュールはこちらik_06 CDお取り扱い店はこちら
ik_14 フォト・ギャラリーik_14 動画ギャラリーik_14 静ファンクラブのご案内

2019年02月08日

天野、丹生都比売神社様にて



今日は高野山の麓にあるかつらぎ町天野にある
世界遺産丹生都比売神社様にやってまいりました。
偶然にもお忙しい宮司さんにお会いすることができました!
お時間を頂き有難うございました!
4月14日の花盛祭がとっても楽しみです。
2時45分から奉納歌唱させていただく予定です。
1700年以上前から続く恒例の行事「渡御の儀」とともに宮本静の「天野の恋塚」奉納歌唱もぜひお聞き下さいませ。





地元で、「 花盛祭(はなもりさい)」と呼ばれている。

春の訪れを祝うため(冬が終わり、花が咲き、暖かな春の訪れを喜び、万物の成長を願う)、 丹生都比売神社境内とその周辺において、 4月第3月曜日に行われる。

祭典;修祓(お祓い)、祝詞奏上、神前神楽舞、玉串拝礼。
清興;芸能を神に供え、神と人とが共に楽しむ。
渡御;神様の行列が天野の里を巡行する。

花盛祭は、明治以降に始まった祭り。 渡御は、鎌倉時代から続き、一時中断していたが、復活した。その際、花盛祭の日の午後に行うこととした。
室町時代までは、行列が和歌浦(玉津島神社)まで巡行していた。

渡御の行列には、神宮装束(狩衣・白衣・袴)を用い、神さま神宝である道具(楯・弓等)を持つ。先頭には、猿田彦(天狗面を着用)が手鉾・高足駄で立つ。中程に神職と榊神輿が位置し、後尾には子供神輿が続く。

神さまにお供えするものに、桜の花を添える。


ステキなプレゼント頂きました

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。